大阪関西援交シリーズの動画について

関西援交シリーズ

 

関西援交シリーズ(以下、関西援交)とは児童売春を撮影したアンダーグラウンド界隈で流通したAV(アダルトビデオ)。

 

出演しているのは少女の殆どが本物の中学生・高校生であり、中には小学生まで登場する事も。

 

内容もとにかく過激であり、プレイは基本コンドームを使わない生本番セックス。

 

しかも泣いて嫌がる少女のアソコに中出しを強要する作品なども存在しています。

 

SMプレイや性器に食べ物を突っ込んだりと、同時期に登場した北海道援交や宇都宮さぽーと白書などとは比べ物にならない程に過激で、見ていて色々な意味でハラハラしてしまいます。

 

ただ、関西援交シリーズは男優の他にカメラマンの分業体制をとっている為、演出やカメラワークに幅があり、見ていて飽きません。

 

他の素人援助交際ビデオはカメラ固定、出演男優によるハメ撮り撮影で単調になる事もある。

 

流出したのは今から17年程の前の2003年〜2005年頃。

 

トータル100本を超える作品が存在しており、裏物ビデオ好きなマニア達から高い評価を得ているのも特徴です。

 

この作品群と前後して登場したのが「上玉援交(Jyoudama!)」シリーズです。

 

これは関西援交シリーズの無断コピー転売が横行し、管理者(遊佐)が購入者を会員制として販売されたシリーズです。

 

会員になる条件は配達先は「自宅配達」とし、本人確認の意味も込めて「銀行口座」の確認が必要でした。

 

しかし会員を限定した事により人気も低迷してしまい、世に流出した作品はわずか10作品しか存在しません。

 

通常の関西援交シリーズと同じ名前が並んでおり、上玉と言っても出演女性が上玉だったりという訳ではないので注意が必要です。

 

関西援交シリーズは管理人の遊佐が立ち上げた「93net」で購入する事が出来ました。現在は閉鎖。

 

この非合法なビデオを販売していた管理人(遊佐隆)は、他の援交ビデオ製作者と同じく、借金で生活に困窮していました。

 

そこで楽に金儲けの出来る方法として思いついたのがビデオ販売だったのです。この点も他の援交ビデオ製作者と同じ。

 

もともと無修正ビデオを販売していた遊佐は、顧客からもっと過激な作品を!との声に応え、自ら男優・カメラマンとなって撮影する事を決意。

 

モデルは主に出会い系サイトや掲示板が使われていました。

 

中には実際に出演した女子高生が斡旋窓口となり、同級生後輩を半ば強制的に出演させたり、生活に困窮した母親が小学生の娘を売り込んでいた事もあるそうですから終わっています。

 

実際に販売をスタートしたのは1999年12月頃からで、途中2003年5月にビデオ撮影の事が奥さんにバレて離婚の危機に陥ります(笑)

 

この時、撮り溜めしたビデオを業者に権利を販売譲渡(なにわ書店に230万円で売却)したものの、未成年少女モデルの14本を手元に残した結果、その後の「関西援交シリーズ」として世に出る事になりました。

 

2003年6月に新しく男優を募集し、顧客の中から2名を採用(通称ロボ)(通称シミ爺)。

 

非合法ビデオらしからぬクオリティから当初は「業者(プロ)によるヤラセビデオ」と囁かれた事もある程です。

 

実際はヤラセでも何でもなく、本物の小学生モデル4人が出演していました。

 

関西援交

 

しかしそんな生活が長く続く訳もなく、2005年3月8日、児童福祉法違反により主犯格3人が逮捕されます。

 

後に児童ポルノ禁止法違反、強姦容疑で再逮捕。

 

(7月には実の娘を身売りした罪で母親も逮捕された)。

 

関西援交シリーズが流出した2003年は出会い系サイトを通じて援助交際だったり、強引な勧誘などが社会問題化している時で、その為出会い系サイト規制法が施行された年でもありました(平成15年)。

 

しかしそれでも年齢確認についての法案が不十分で、未成年が平気で援交したり、裏ビデオに登場するなど続いた為、法改正が行われて2009年2月1日から出会い系は年齢確認をしなければ原則使えない事になり、今に至っている訳です。

 

未成年とエッチしたい!と願望を抱く人は多いかもしれませんが、犯罪行為となる為、願望で留めておいた方は賢明な判断でしょう。

 

そこでと言う訳ではありませんが、問題の「関西援交シリーズ」でも特に名作として名高い3作品について紹介していきたいと思います。

 

 

関西援交「千春」の動画

関西援交

 

関西援交シリーズを代表する作品の1つ。

 

登場する「千春 」は 当時11才の小学5年生!!

 

しかも初めての相手は父親(2人目の継父)だったと衝撃の告白までして驚かせてくれます。

 

撮影時、千春は東京在住。

 

撮影は大阪のビジネスホテルの一室が使われました(ラブホNGの為)。

 

つまり、東京から新幹線に乗って大阪までやってきた事になります(お迎えは遊佐)。

 

撮影は4月4日日曜日(雨)。

 

男優は遊佐が呼び出したサラリーマンの「シミ爺」。

 

冒頭の自己紹介で小学生である事、150センチ、体重40キロ、バスト78センチだと語っています。

 

体験人数は「1人」。つまり継父ただ1人という事になります(後に逮捕される)。

 

服を脱ぐとノーブラ。いかにも小学生なハート柄のパンティを脱ぐと、うっすら陰毛が茂った年の割に使い込まれたオマ○コが登場します。

 

小陰唇がビラビラである事が特徴で、濡れ具合もなかなかのモノです。

 

ただし、カメラを見つめる表情は確実に死んでおり、時折睨みつける様な表情が特徴的です。

 

性感帯であろうクリを刺激されても、終始無上場なのがちょっと怖いです。

 

フェラはかなり慣れており、継父にかなり鍛え上げられた模様。

 

挿入は当然「生」。

 

10分程で膣街射精でフィニッシュとなりますが、千春はカメラ目線を送るものの、やはりその表情は死んでいます。

 

2回戦目は男優の激しいピストン攻撃が続きます。

 

当初は気持ちよさそうな声を上げていましたが、次第に苦悶の表情になり、余り気持ちよくなさそうです。

 

男優も2回目の射精が確認出来ないままトータル1時間12分のビデオは幕を閉じます。

 

マスコミが関西援交シリーズを紹介する時に必ずと言って良い程「千春」の写真(モザイクつき)を紹介する程、有名な作品。見てて辛くなる人もいるかもしれませんが、とりあえず貴重なロリータボディを拝みたい人はぜひとも1度は見ておきたいシリーズと言えます(

 

そして歌舞伎町のあるビデオ屋では千春のビデオだけで1000万円もの売上があったとかなかったとか)。

 

ちなみに出演した男優役の「シミ爺」や遊佐達は、仮に合意があったとしても小学生とエッチすると強姦罪が成立するという法律を知らなかったそうです。

 

 

関西援交「千鶴」の動画

合計3回シリーズが組まれた「千鶴」は当時14才の処女!!

 

処女喪失日になんと2本撮りするという、鬼畜度全開の作品です。

 

しかも当日は「生理日」。

 

当然「中出し」フィニッシュ。鬼畜ですw

 

50分目位のセリフ「「私の何も知らないオマンコにあなたのおチンチンを入れて下さい」が超有名。ってよくそんあセリフを言わせたものだと関心(笑)

 

ピストンに興じる男優は「ロボ」。

 

千鶴がイタイイタイ!と言ってもお構いなしにピストン攻撃。

 

イタイが次第に泣き声に変わってもピストンを続けるロボはマジでとんでもない野郎です。

 

2本目。氷でクリを刺激したり、白と青のローターを乳首に貼り付けスイッチ・オン!堪らずワタワタと手を動かす千鶴。

 

白いローターでクリを刺激しつつ、四つん這いにしてアナルを刺激するロボ。

 

アナルに指を入れ拡張した後、なんと魚肉ソーセー図をアナルへ挿入!

 

その魚肉ソーセージには「ミソ」が付着しておりました汗

 

その後、うずらのタマゴを合計6コ、アナルで挿入。

 

その状態で生のペニスをアソコへ挿入。

 

やはり痛みがあるらしく「イタイイタイ」を連呼する千鶴。

 

しかしロボはイケず、フェラをさせて口腔内射精でフィニッシュへと至りました。

 

場面は変わって浴室で「ブルガリアヨーグルト」用いて浣腸プレイに興じるロボ。もはやさっきまで処女だった女の子とは思えない接し方です(汗)

 

しかしよくあるスカトロプレイみたく、ブシャー!!とは噴射せず、中途半端な感じで終了となります。

 

当初はおとなしい雰囲気だった千鶴は、3作品目となるNo.56に登場した時には茶髪になっていて、完全にギャル化していました。セックスも手慣れた感じで、当然痛がる事もありませんが、表情はやはり他の出演者と同様「無表情」です。

 

 

関西援交「梨香(リカ)」の動画の詳細

梨香は全2作品が存在しており、No.52では「処女」を喪失しています。

 

当時中学1年生の13才だった彼女はどういった経緯で作品に参加する事になったのかは不明ですが、処女を喪失した日に中出しする鬼畜っぷりは変わっていません(苦笑)

 

ファイナルとなるNo.54では鬼畜っぷりが更に加速。

 

ローター責め、魚肉ソーセージをアソコをアナルへ挿入、手首テープで拘束、クスコで膣内開放して生卵を流し込む、激しいピストンのまま「ね?生んでくれる?いいの?オレの子産んでくれる?」(ロボ)と名台詞を残して中出ししたり、とにかくやりたい放題!

 

中出しした上に、カップに出ていた精子をオマ○コへ流し込んだり、溢れた精子を集めて梨香の口に入れて飲ませたりと、もはや常軌を逸したフルコースがギュッと詰まっていて、見ているこちらも呆れ返ってしまう程(苦笑)

 

それでも終始無表情の「梨香」の顔が印象に残ります・・。

 

大阪で援交!援デリやたちんぼを避けて援助交際

 

 

援交アプリ