援交で個人撮影した画像を無料で公開

 

デリヘルを利用した人ならご存知かもしれませんが、基本的に写メはNGですよね?

 

しかしデリヘル店の中には顧客の様々なニーズに対応出来る様に写真撮影や中には動画撮影まで!!も「オプション」として取り入れている所があります。

 

その場合のオプション料金は写メだと2000円から3000円程度。

 

動画となると流石にちょっと跳ね上がって5000円から10000円!と幅があります。

 

しかし全身撮影可能とかではなくプライバシー保持の為に「顔出し」はNGの場合が多いです。

 

さて、この個人撮影を援助交際で知り合った女性が撮影させてくれるのか?って問題です。

 

どーせ個人撮影出来るのであれば、究極のハメ撮りまでゲットしたいですよね?(笑)

 

しかし相手の許可を得ないままスマホを構えてしまうと、相手次第じゃ激怒してプレイそのものが終了となってしまう可能性が高いです(汗)

 

そんな事を避ける為にもどうすれば撮影させてくれるのか?を考えてみましょう。

 

 ギャラリー

管理人が会ったパパ活や援交女の画像集はコチラ

 

写真撮影は基本的に会ってから交渉する

 

サポ系出会い掲示板で援助交際募集の書き込みは数あれど、写真撮影可能で募集している女性は殆どいません。

 

スマホが行き渡り、手軽に高画質な画像が記録出来る様になり、それらがSNS上に流失してしまう危険性がある為、わざわざリスクを犯してまで撮影に応じる女性などいるはずもありません(特に初対面なら尚更)。

 

メールでの交渉中に「写真撮らせて」と送った時点で速攻却下されてしまうでしょう(最悪ドロンされる)。

 

 

僕の場合は「とりあえず会ってから交渉する」ですね。

 

会う前にあれこれ交渉して相手から煙たがられるよりも、ひとまず「アポ取り」に専念する!これです。

 

セフレや定期の関係ならまだしも、どこの馬の骨か分からない状態で難易度の高い交渉は止めた方が良いです。

 

とりあえず会って交渉する!とにかくこれに専念して下さい。

 

実際に対面すると「信頼度」がグンとアップします。

 

「メール」は、言葉遣いのみで相手を理解するため、文章次第では誤解なども生じる可能性があります。一般的には良い話や事務連絡に向いています。「対面」は、相手を言葉遣い、声色、間、表情、しぐさで理解できるので、相手のニーズをくみ取ることができます。悪い話や相談事に向いています。

 

(引用先URL:https://atsumaru.jp/useful/manners/article/31)

 

援交の撮影は基本的に「有料」だと思え

 

写真位タダで撮らせて欲しい!誰だってそう思います。

 

が!!援助交際の女性に「タダ」なんて通用しませんw

 

お金をチラつかせる事によって「撮影」させてくれる可能性がグンとアップします。

 

その相場についてですが、基本的にはデリヘル嬢へ渡す金額と同じと思って下さい。

 

つまり通常の写真撮影なら3000円から5000円程度。

 

動画(ムービー)だと5000円から10000円です。

 

交渉の時に女性を安心させる為に「顔」を撮影しない事と、撮った画像(ムービー)を確認してもらう事を条件に含むと、成約率がグンとアップするのでオススメです(撮られた画像を恥ずかしい!と言って見ない女性も存在しますが)。

 

援交モデルという個人撮影希望の女がいる

 

先程サポ掲示板で撮影の希望の女性はいないと紹介しましたが、極々稀に個人撮影可能の女性も存在します。

 

条件的には「本番不可、写真撮影のみ可能」で1?20000円の報酬って感じです(個人以外にグループで募集している事もある)。

 

所謂ヌードモデルの素人版って感じですが、半分セミプロ的な活動をしている女性が多く、顔出しOKだったり、結構際どいアングルからの撮影にも応じてくれます。

 

当たり前ですがセックスは不可なので「ハメ撮り」には応じてくれるハズもありません。

 

が、バイブを挿入してオナニー画像等には応じてくれる人もいるみたいです。

 

 

撮影だけじゃなくて、本番もヤリたい!って人は、写真撮影も本番も可能な「援交モデル」を探す必要があります。

 

このタイプは「コスプレ愛好家」が制服等を着せて写真撮影した後に本番行為って流れで募集しているパターンが多いですね。

 

極稀にJメール等のサポ掲示板で募集している事があります。

 

 

相場は通常の援助交際よりも俄然高くなり、最低20000円から上は50000円!!!なんて女性も。

 

料金が高い分、顔出しでも撮影に応じてくれる女性が多いみたいです。

 

この顔出し可能で撮影に応じてくれる女性の多くは「AV女優」経験者が殆どです。

 

 

そもそもネットに写真が流出しているから顔出しについても寛容な対応をしてくれるのでしょう。

 

撮影の場合、気をつけなければいけない事は「撮影時間」です。

 

余り長期に渡ってしまうと「追加料金」を請求される事もあるので注意して下さい。

 

撮影した援交動画が長時間に及ぶと、AV経験のある女性は「ネット(FC2とか)で販売するんじゃないか?」等と勘ぐってきて、高額な金額をふっかけてくる可能性が非常に高いです。

 

あくまでも撮影した記録は個人で楽しむ範疇に留めておいた方が良いです。

 

援交を盗撮する方法

 

金を払いたくない!ってケチな人は、隠し撮りにチャレンジするしかありません。

 

タダ程高いモノはない!とはよく言ったものですが、運悪くバレてしまうとかなり面倒な事が想定されます。

 

女性が怒ってプレイ中止位ならまだ全然良いです。

 

運悪く相手が「援デリ」嬢だった場合は、恐ろしい男が登場する可能性もあります(汗)

 

隠し撮りを行なう場合は、相手に絶対にバレない事を前提となります。

 

その場合、通常のスマホで撮影だと相手にスグにバレてしまいます。

 

そんな時に便利なのが「スパイグッズ」です。

 

 

最近は技術の発達によって、カメラも超小型化が可能となりました。

 

有名なペン型だったり、メガネ、車のキーレスリモコン型、置時計型などなど。

 

それらがスマホで「遠隔操作」可能!!いい時代になったモノです笑。

 

置き時計型は女性よりも先に部屋に入ってセットしておく必要がありますが、その他は特に準備の必要もなくオススメです。

 

個人的にオススメなのは、スティック型カメラ!

 

 

スティック型カメラ「WiFiスマホ連動/マグネット内蔵/動体検知/録音機能/繰返し録画」

 

(引用先URL:https://007goods.com/2057690/)

 

カバンの中やジャッケットに忍ばせたり、マグネットが付いているので金属部分にくっつける事も可能!です。

 

いい事だらけですが、難点は接写が難しいって事。

 

基本的に「隠しカメラ」なのでカメラそのものを手にしておかないと接写は厳しいです。

 

ベッドの見えない所に置いていて「バック」中になんとか可能かもしれませんが汗

 

それと、スパイカメラ類は基本的に高額なモノばかり!

 

お金にゆとりがない人は、スマホを使った隠し撮りの方法を考えるしかありません(汗)

 

最後に注意点ですが、撮影に成功しても無修正画像(動画)をアップしないように!

 

「わいせつ物頒布等の罪」でK察のお世話になってしまうかもしれませんよ!!(汗)

 

 ギャラリー

管理人が会ったパパ活や援交女の画像集はコチラ