援交が多いマッチングサイトはJメール

 

Jメールの公式サイトを確認する方はコチラ

 

マッチングサイトJメールの運営会社

 

Jメールは福岡の会社が運営していますが、所在もはっきりしていて安心です。(有限会社MIC総合企画 http://micgp.co.jp/micgp/pc/)。

 

設立は1997年7月で、今年で21年目に突入する、業界でもそこそこの老舗の会社です。

 

出会い系のJメールのみならず、広告代理業や広告デザインなども手がけており、色々と手広くやっているみたいです。

 

 

A登録ユーザー数は?

 

出会い系ってのは、ユーザーの質もですが「男女比がバランス良いか?ってのが重要です。

 

特に女性の数よりも男性の数が大幅に上回ってしまうとどうなるか、、そんな事は小学生でも分かる事です。

 

Jメールの会員数は600万人と言われています。

 

今人気のペアーズは2012年10月のリリースからわずか6年で800万人!!を突破したそうです。

 

それに比べると18年もやっててわずか600万人、しかも累計の数ともなれば「Jメールってホントに出会えるの?」と疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし最近のデータでも1ヶ月で新規登録した女性会員数だけでも8000人以上!とされており、ペアーズに比べるとたしかに見劣りしますが、それでも出会いサイトの世界ではかなり多い方だと思われます。

 

都道府県別に見ても、東京が群を抜いて多いのは致し方ないにしても、地方でもバランス良く会員がいる事は特筆すべき点です。

 

BマッチングサイトJメールの年齢層は?

 

異性が若いのに越したことはありませんが、若すぎるのも考えもの。

 

下手すれば知らぬ内に犯罪に手を染めてしまう事も考えられます。

 

その点、Jメールは年齢認証があるので未成年の女性と会うこともないです。

 

それよりもJメールは他の出会い系サイトに比べても、年齢層が高いのが特徴です。

 

「Jメール全国200人の女性会員の年代割合」調査で如実に表れています。

18?21歳12.0%、22〜29歳29.0%、30代34.0%、40代18.0%、50代7.0%(引用先URL:https://www.encounter-pedia.com/reviews/j-mail/j-mail-membership.html)

 

通常出会い系は結婚をしていない20代が最も多いのですが、Jメールに関しては30代や40代、50代等の中年、シニア世代が多い事が特徴と言えるでしょう。

 

結婚生活や旦那との関係に満足出来ていない人妻さん等がこっそり隠れて使っているなんて場合も多いと言えるのではないでしょうか。

 

 

CマッチングサイトJメールの登録は無料

PCの場合でも、スマホにアプリをインストールするのも共に「無料」でOKです。

 

因みに登録するだけでも「40ポイント」分のサービスポイントが獲得出来ます。

 

D年齢認証

年齢確認をしなくても基本的なサービスは利用出来ますが、制限が掛かってしまい「アダルト系」の機能は一切利用出来ません。

 

年齢認証をするには2通りあります。

 

まず1つがクレジットカードを使った方法。

 

これは100円分のポイントを購入する方法で、身分証を送るよりも断然早く完了します。

 

せっかちな人向けですね(笑)

 

クレカを持っている人=18歳以上って事です。

 

2つ目は身分証をメール添付するかアップロードする方法です。

 

身分証と言っても色々ありますが、代表的なモノは運転免許証や健康保険証ですよね。

 

これ以外にもパスポートや学生証、社員証でもOK!

 

生年月日、又は年齢、証明書の種類、発行者の名称さえ分かればOKです。

 

遅い場合は24時間程かかってしまうそうですが、普通は30分以内で確認完了するそうです。

 

この年齢認証だけでも「60ポイント」分のサービスポイントが獲得出来ます。

 

 

Jメールの使い方

 

Jメールには「掲示板」が存在します。

 

これはペアーズやOmiaiにはない機能です。

 

この掲示板にも2種類あって、1つは普通の真面目な出会いを求める人向けの「ピュア掲示板」。

 

もう1つは皆さんが興味津々?であろう、アダルト(H目的)向けの「アダルト掲示板」です。

 

この他、年齢認証をした人のみ使える(エロ写メ掲示板)や(エロ動画掲示板)なんてダイレクト過ぎる掲示板も存在します笑(※注:現在ウェブ版でしか利用出来ません)。

 

最近新しく追加されたのが「誘い飯掲示板」。

 

下心はヌキにして、ひとまずご飯でもどうですか?的なノリで使う掲示板ですね。

 

ご飯を食べるだけを目的としている(しかも男性がおごらなければいけない!!男女差別だ!汗)ので、出会う敷居が低くなる!のです。

 

Jメールの使い方に関しては、恋人探しだろうと援助交際だろうと基本的にこれら「掲示板」を使った方法が1つ。

 

2つ目はJメールに登録したばかりの人がずらずらと表示される「新人検索」。

 

3つ目は年齢・体形・ルックス・職業・エッチ度・画像(ある・なし)・自己PRなど自分好みの人だけを表示させる事が出来る「プロフィール検索」です。

 

僕の使い方は気になる女の子をどんどん「お気に入りリスト」に登録する事から始まります。

 

お気に入り登録すると、相手にも登録された通知がいきます。

 

相手がこちらのプロフィールを見て気になったなら、メールが届くハズ!です。

 

メールが届けばこちらのモノ!後は紳士的にメール交換すればきっとラインIDの交換が出来るはず!です。

 

この他(足あと)だったり、直接メッセージを送る方法など、「出会う」為にとにかく色々な機能があるJメール。

 

援助交際に関しては、掲示板でこちらから募集をかけたり、掲示板の「今すぐあそぼっ」で探して直接メールを送れば良いです。

 

おっとその前に!!自分自身のプロフィールも充実させておく事もれずに。。

 

当然!顔写真もないよりあった方が良いに決まっています。

 

相手の写真がない場合、どんなにスペックが優れていてもスルーしてしまうのと同じです。

 

Jメールは有料です

Jメールで無料で利用出来るのは、会員登録の他に、メール受信、受信したメールを見る、相手検索、体験談のみです。

 

これ以外は全て有料となります。

 

Jメールの特徴でもある掲示板の消費ポイントは、ピュア掲示板だとメッセージ投稿:5pt、投稿内容を見る:1pt、メール送信:7ptです。

 

アダルト掲示板だとメッセージ投稿:5pt、投稿内容を見る:3pt、メール送信:7pt。

 

1ポイントは10円です。

 

因みに女性会員は全ての機能が「無料」で利用出来ます、、羨ましい(汗)

 

ポイントの購入方法

ポイントはお試しの1000円(100ポイント)から購入可能です。

 

金額が大きくなる程、付加ポイントが大きくなります(3000円ならプラス200円、10000円ならプラス2000円!もお得になります)。

 

購入方法はカード決済以外にも、銀行振込や各種コンビニ払い、そして電子マネーの決済などがあります。

 

最近マッチングアプリに多いのが「月額制」ですが、頻繁に使う人なら良いかもしれませんが、例えばセフレ探しや援助交際相手を募集しているだけの人だと月額だと逆に高くつく事も考えられます。

 

目的に応じて「その時だけ使いたい」人にはむしろポイント制の方が都合が良いって訳です。

 

Jメールの公式サイトはコチラ

 

どんな女性が狙い目なのか?気になる方はコチラも参考にして下さい。

 

パパ活や援交女の画像集